朝9時から、袋町の「45」でコーヒーとパンとゆったりブランチ。

ペコマガ学生編集部

こんにちは!
ペコマガ編集の、市川梅(@ume_ichikawa)です!

今回はお店に合わせておしとやかに紹介しようと思っ…

たけどやっぱしわたしらしく!

袋町にあるワインビストロ「45(キャラントサンク)」のブランチセットをご紹介します!

45への行き方

広島PARCOから出発します!
PARCOを背にして並木通りの右側の道を進み
セブンイレブンの角を右に曲がります
そのまま真っ直ぐ進むと
右手にあります!到着です!

全席テラス席のような開放感ある店内

45の大きな特徴が、この開放感のある空間!
夏は道路に面した部分がオープンになっとって、心地よい風を感じられます。

席は全部で52席あって、車椅子やベビーカーでもゆったり入れる、広さ的にも開放感◎

ちなみに冬になると透明なシートの仕切りがされるけえ、寒いってことはないよ!

ワインビストロということで、壁にはたくさんのワインが置かれとるよ。

海外のワインで、リーズナブルなものから自然派のものまで幅広い種類が置いてあるそうです♡

朝9時からいただけるブランチセット

ブランチセット 1,280円(税抜)

今回ご紹介するブランチセットがこちら!

  • 自家製イングリッシュマフィン
  • ソーセージと江田島産お野菜
  • 季節のスープ
  • 季節のフルーツ
  • ヨーグルト
  • ドリンク(コーヒー/紅茶/オレンジジュース)

色鮮やかなセットよねえ♡

毎日朝9:00〜11:30までいただくことができます!

いただきます!

それでは!いただきます!

自家製イングリッシュマフィンはお店で焼いとるんじゃって!

切ってみると中はふわもちって感じ!
外のかりかり具合も伝わってきて、これは食べるの楽しみー♡

はい!断面はこんな感じです。
手から伝わってくるより見た目はふわふわそう??

いろいろのせて、マスタードとマヨネーズのソースを付けて…

んー!おいしい!!!

イングリッシュマフィンの少し甘い小麦の香りがふぁ〜っと♡

ソースはマスタードが程よくってまろやかなお味なのが、のせた具材の味を引き立ててくれる感じでとてもよい!

江田島産のお野菜たちの中に、インカのめざめ(お芋)があるのを発見してしまった。

パルメザンチーズを付けて…

ふっ♡いも♡♡
ねっとり食感で甘味あるインカのめざめ、1度蒸してから素揚げされとるそうで、しっかり良さが出とる!!

聞いたら他のお野菜も、それぞれ違う茹で方・焼き方・揚げ方をされとるそうで、素材の良さを引き出す丁寧さ♡

スープは、少しとろみのある玉ねぎのスープじゃ!
玉ねぎの香りと甘味がしっかり!

どれもお野菜おいしいなー!

おすすめの浅煎りホットコーヒー

セットのドリンクの中でも、ホットコーヒーが一番おすすめということで、いただいてみます!

そう、わたしコーヒー苦手なんよね…
でも苦手な人にもおすすめってことじゃけえさ、

ん、苦手な部分がない!
ホットコーヒーは、”白金”っていう自家焙煎の浅煎りの豆を使っとるそうで「にがっ!」っていうあの感じがない!

まろやかでコーヒーの香りがしっかりですね。

この日カメラがコーヒー好きなあがのさんだったけえ飲んでもらうと、

あがの

あがの

浅煎りなのにナッティ!
もっと浅煎りって酸味があるイメージだけど、これはナッティだなー。

だそうです!コーヒーがお好きな方にも伝わったでしょうか!

わたし的に嬉しかったのが「紅茶とオレンジジュースもしっかりこだわりがある」ってこと!

コーヒーは紅茶かオレンジジュースが選べるときって、コーヒーはこだわるけど他は…ってとこあるよねえ?
コーヒー苦手なわたしにとっては悲しい…

けど、45では紅茶はスリランカ産の最高級の茶葉を使ったアールグレイ、つぶつぶ果肉が入った100%のオレンジジュースが飲めるんじゃって!
うーれぴー!

300円でいただけるドリンク

ブランチセットを注文したら、500円〜のスパークリングワインや生ビールなどが最初の1杯は300円で飲めるよ!

セットで選べるドリンクも、追加注文1杯目は300円で飲めます。

ということで、ノンアルコールのスパークリングワインをいただきました。

この次も取材があるけえ、今日はノンアルで!

なんと優雅な朝なのでしょう。

平日に1人でゆったり来たり、休日に友達とわいわい朝から飲んだり。
いいねー♡!

ごちそうさまでした!

美味しい料理とコーヒーで始まる1日を

もう次に時間がある朝には来たくなるよね。
とてもよい1日の始まりじゃったわ。

定休日無しで毎日開いとるけん、いつでも来れて最高!

みなさまも気持ちのいい朝を、45で過ごしてみてね♡

ペコマガ編集長の、うめでした!