山口ゆめ回廊博覧会開催!190以上のイベント集う今だけの特別体験してきたよ! 2021.08.27 おでかけ国内 Sponsored Article

この記事は に修正・更新した記事です。 お出かけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報を確認してお出かけください。

新型コロナウイルスの影響で,自治体が慎重な移動を呼びかけている場合があります。また,各施設や店舗が休業・営業時間が短縮されている場合があります。お出かけの際は,自治体やお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報をご確認ください。

山口ゆめ回廊博覧会開催!190以上のイベント集う今だけの特別体験してきたよ!

こんにちは!
ペコマガ編集長の、市川梅(@ume_ichikawa)です!

ここ!緑があってその奥に海が見えて、ばーり綺麗じゃろ!
広島市内から車で約1時間、山陽道の富海PAにおるよ♪

ここからもう少し移動して…
山口県で開催されとる広範囲・長期間・同時開催イベント「山口ゆめ回廊博覧会」におでかけするよー!!

山口を楽しみ尽くす「山口ゆめ回廊博覧会」

まず、山口ゆめ回廊博覧会ってなんなんかよね!

山口県内を中心とした7つの市町(山口市・宇部市・萩市・防府市・美祢市・山陽小野田市・島根県津和野町)を総称して”山口県央連携都市圏域”っていって、愛称が”山口ゆめ回廊”。

この山口ゆめ回廊をたくさん楽しんでもらおうと、山口ゆめ回廊博覧会が2021年に開催されとるんよ!

山口ゆめ回廊博覧会概要

山口県央連携都市圏域でおこなわれる多様なイベントの集合体です。あわせて美しい伝統・文化や自然、食などを紹介し圏域の魅力を全国に発信します。(公式サイトより引用)

開催期間:2021年7月1日 (木)〜12月31日 (金)
場所:山口ゆめ回廊(山口県内6市、島根県内1町)

イベントは190以上もあって、会期中ずっと開催されるものから数日限定のものまで様々!

開催場所も、山口ゆめ回廊内いろーんな場所で開催されとるよ!

山口ゆめ回廊博覧会は、日ごろ体験や訪問できるものよりさらに濃く深くお得に山口県を楽しめるけん!
こーれは山口県を楽しみ尽くす大チャンスよ!!

てことで今回は、山口ゆめ回廊博覧会開催地域の中から防府市を1日で楽しみ尽くします!
わたし的気になったイベントに、れっつ山口ゆめ回廊博覧会♡!

ゆめはくTシャツで山口“うら”回廊メニューを堪能

じゃじゃん。
登場のときから着とるこのTシャツ。
山口県が世界に誇る会社UNIQLOの、UTme!っていうサービスを使って購入できるんよね!

実は、山口ゆめ回廊博覧会のイベントの1つなんよ!

山口ゆめ回廊博覧会オリジナルTシャツ「ゆめはくTシャツ」を着てイベント参加店舗に行くと…
特別メニュー「山口“うら”回廊メニュー」が食べられるのです!!

いつもとはまた違った、山口県の美味しい食を楽しめるっていうわけ♡!

100年以上の歴史ある建物でいただく「抹茶パフェ」

防府市といったら、広島ともゆかりのある毛利家の邸宅があるんよ。
がちばち広〜〜〜〜い邸宅で一部は博物館になっとって、毛利家に伝わるお宝なんかが公開されております。
敷地内は季節の植物が植えてあって、中でも秋の紅葉が有名&綺麗♡

そんな邸宅の一部に、この「毛利ミュージアムショップ・ギャラリー舞衣」もございます。

この建物は、大正時代に建てられた100年以上の歴史ある建物。

ここで毛利家にまつわる品の販売や展示、幅広いイベントの開催、そして喫茶店をされております!

抹茶パフェ 600円(税込)

は〜い♡
山口“うら”回廊メニューその1「抹茶パフェ」でございます〜〜♡
なぜかどんどん大奥的な口調になるのは、歴史を感じるこの場所によるものでございましょう。

通常のパフェメニューが特別バージョンになった、山口ゆめ回廊博覧会のためのパフェ!
ゆめはくTシャツを着とる人だけが食べられるパフェ♡!

いただきますでございますぅ〜〜〜〜〜。

は〜!非常にお抹茶が香ります。
京都の宇治抹茶を使用した手作りゼリーをはじめ、抹茶アイスに抹茶ソース、お抹茶づくしなんでございます。

特別演出へのサービス精神が旺盛な店主様。
ここだけのお話、いいものを使用して利益を計算できていなかったそうなのでございます。
これはお得!味わい尽くすのみでございます!!

う〜〜〜ん!
美味でございますぅ〜〜〜〜!!!!!

ほろ苦抹茶ゼリーと、スッキリ甘い抹茶アイスがいい感じ!
あんこの柔らかい甘さもたまらん…
そこに白玉ももちもち食感も加わって…

少しづつ組み合わせをおしとやかに楽しみたいパフェでございますね!

ぺろりと完食でございます!!
ごちそうさまでした!

こちらは店主にあられる荒瀬様!
どっしりとポーズを決めていただいてお強そうにございますが、実際お話されるととても優しいお方でございます。

毛利家に関する歴史のお話や、あまり知られていない裏話など、たくさん教えて下さいました!

歴史好きさん・お話し好きさんはぜひ!
荒瀬様とのおしゃべりも楽しんでくださいませ!!

毛利ミュージアムショップ・ギャラリー舞衣

住所:山口県防府市多々良1-15-1 毛利邸内
TEL:0835-25-1707
営業時間:10:00~16:30
定休日:月曜日
駐車場:40台
その他メニュー:舞衣のヌガーケーキ600円、本格欧風カレーセット1,280円(共に税込)など

海が見える和気あいあい食堂の「ギョロッケ丼」

朝から動いてパフェで胃が刺激されて、がっつりお昼ご飯が食べたくなって車で移動すること約15分。
地元の方に人気のお店があるって聞いて、「食堂きいさんねー」に来たよ!

ここの地名は防府市富海(とのみ)。
名前の通り、海に面した場所じゃわ!

お店のたたずまいは、ばりばり”ここにしかない感”がただよっとる!!

店内に入ると、入口には地元の作家さんの作品がたくさんあって。
奥に進むとこの広いアットホームな食堂が現れた!

初めて来たのに懐かしい雰囲気じゃわ〜〜。

じゃし、お出迎えしてくれたお店のお母さんたち、みなさまフレンドリーで最高♡

は!窓から海!漁港が見える!!
でっかい漁港じゃなくって、地元の感ある漁港ね!

いいねえ、山口県を楽しんどる感、あるねえ。
景色まで富海じゃねえ。

ギョロッケ丼 600円(税込)

ここでいただくのは…
山口“うら”回廊メニューその2「ギョロッケ丼」です♡

魚のすり身をフライにしたものを山口県では”ギョロッケ”っていって、広島のがんすみたいなもの!
防府市のかまぼこ屋「松富」のギョロッケを玉子でとじた丼が、ゆめはくTシャツを着とる人だけが食べられる丼よ♪

いただきます!

ん〜〜♡
ギョロッケ、味はしっかり&食感はもちっとしとんじゃ美味しい!
弾力あって、がんすより分厚め!

煮干しだけで作る手作りお出汁が効いた玉子とじは、甘くってふわっと優しいお味。

ご飯ががっつり食べられるけん他の料理も頼んで、それぞれ一緒に行く人とシェアするのもいいかも!

お刺身たこ飯定食 1,550円(税込)

てなわけで、おすすめの「お刺身たこ飯定食」も頼んでみた!

できるだけ瀬戸内の魚を使って、できるだけ料理は手作りでっていうのを大事にされとるんじゃって。
そんな食堂きいさんねーの定食、これまた美味しかった!

他のお料理も小鉢から定食まで目移りしてしまう美味しそうさで、何人かで来ていろいろ食べたいお店じゃわ!

ごちそうさまでした!

食堂きいさんねー

住所:山口県防府市富海浦開作2911-3
TEL : 090-7990-1315
営業時間:11:00~17:30分(日曜日は~13:00)
定休日:月・火曜日
駐車場:7台
その他メニュー:きいさんねー日替わり定食(1日10食限定)880円、お刺身定食1,300円(共に税込)など

山口“うら”回廊メニュー参加店は14店

ここでお腹いっぱいになってしまったわたしですが…!
山口“うら”回廊メニューに参加されとるお店は、全部で14店舗あるけん!
山口ゆめ回廊博覧会を楽しむ先々で、参加店探して山口”うら”回廊メニューを楽しんでみて♡

ゆめはくTシャツを着て山口“うら”回廊メニューを食べたいときは、お店の方に「山口“うら”回廊メニューありますか?」ってお声がけしてね!
お店の方が忙しいときには気付かれんこともあるじゃろうけん、ね!

お腹がいっぱいになったところで!
体を動かしに、”防府市カラーの染め物”を体験しに行くよ♪

自分だけの”富海ブルー”に染める天然藍染め体験

山方面に車で約5分のところにある「AIMA(藍間)」に来たよ!
ここはカフェと藍染工房そして藍染ギャラリーが一緒になったお店。

山口ゆめ回廊博覧会開催中通年、日帰りまたは宿泊付きで藍染めをすることができるということで、初藍染めをいたします!!

AIMAで染める藍染めは”富海ブルー”と名付けられたここだけの色らしくって…♡
自分だけの富海ブルー!
山口ゆめ回廊らしい&特別感MAX!!

1週間前までに予約して当日来店したら、駐車場横にあるカフェで受付をするよ♪

1、藍染めアイテムを選ぶ

受付が済んだらカフェの隣りにある藍染工房に移動して、藍染体験開始!

まずは、何を藍染めするかを選ぶよ!

工房で販売されとるストールやTシャツを購入してもいいし。
化学繊維以外でできたものじゃったら、持ち込みのものを藍染めすることもできるんじゃって!
※持込の場合はグラム単位で藍染め料を計算するよ。

2、灰汁でアイテムをコーティング

わたしはストールとTシャツ、そこに欲張ってマイバッグも藍染めすることに!
どんな感じになるじゃろうな〜♡

選んだものを灰汁(アク)に漬けて、しっかり染まるようにコーティングしてゆきます。

3、藍染め液に漬けて酸化させるを繰り返す

そのあとはいよいよ!
AIMA特製の天然藍染め液に浸します!

AIMAで作る藍染めは、日本古来の伝統技法「灰汁発酵建て」を使った天然藍染めじゃそう!
自然の発酵の力で、天然の藍染め液ができるんじゃって!

いわば生きた染料。
丁寧に作られた藍染め液の中で、Tシャツたちをじゃぶじゃぶするよ。

染めたい色の濃さによって、何分じゃぶじゃぶしたらいいか教えてくださるけん!
それに合わせてじゃぶじゃぶしたら、藍染め液から出して絞って空気に触れさせます!

こうしたらすごいんよ!!
茶色に見えとったTシャツたち、どんどん酸化で青くなってゆく!!

藍染め液でのじゃぶじゃぶと酸化を繰り返して。
「えーーー!!青ーーーー!!!」「わ!?もーっと青いーーーー!!!」って何回言ったことか!

4、すすいで乾かす

いい色になったら水ですすいで、最後は天日干し!
しっかり乾かすには時間がかかるけん、カフェでティータイムするか、まあ気にならん方は半乾きくらいで持って帰ってもOK♪

開始から完全に乾かすまでは、2時間くらいの体験時間じゃった!

5、家で仕上げて完成

ぱっ!!こちら完成品でございますー!!わーい!

家に持って帰ったら、ひと晩水に浸けて翌朝乾かしてっていうのを1週間続けるんよ。
その作業で藍染めが抜けんようになるんじゃって!

真に完成した自分だけの富海ブルーのアイテム♡
染めるものや染める回数によって、風合いがぜんぜん違うね!

山口ゆめ回廊博覧会のイベント参加の思い出にもってこいじゃね♡!

AIMA(藍間)で染める自分自身の藍染「富海ブルー」

住所:山口県防府市富海野田988-5
開催日程:通年
定休日:月・火曜日
開催時間:(1)藍染め体験14:00〜16:00、(2)宿泊付き15:00〜翌10:00
※1週間前までに要予約※当日予約不可
参加費:(1)9,900円、(2)17,600円(共に税込)
定員:(1)2〜8名、(2)2~6名(共に1日1組)

お問い合わせ:(一社)とのみまちづくり社
電話:0835-34-1212
事前申込:AIMA(藍間)
メール:info@aima.tonomi.or.jp

楽しみ方は無限大!この機会に山口へ!

ひゃ〜!
美味しいし楽しいし1日があっという間じゃったね〜!

山口県ってさ、正直広島からじゃと通り過ぎがちよね…。
なんじゃけど!行けば行くほど魅力たくさんなんよ!

今回わたしが参加したイベント以外にもね、先にも書いたけど190以上もイベントがあるけ!

ゆめはくTシャツもねえ、山口”うら”回廊メニューのイベント以外も利用できるんよ。
ふふふっ公式サイトで確認してみて♡

この機会にぜひ!
山口県をみなさまらしく楽しんでー♡

ペコマガ編集長の、うめでした!

山口ゆめ回廊博覧会公式サイトはこちら▶

    ペコマガ人気記事ランキング