タイトルから気になる!大人のためのおとぎ話「赤いモレスキンの女」 2021.03.30 くらし

この記事は に修正・更新した記事です。 お出かけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報を確認してお出かけください。

新型コロナウイルスの影響で休業・営業時間が短縮されている場合があります。おでかけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報をご確認ください。

タイトルから気になる!大人のためのおとぎ話「赤いモレスキンの女」

広島T-SITE 広島市西区扇2丁目1-45 TEL.082-501-5000 /営業時間.8:00〜22:00(コロナウイルス感染拡大防止の為、現在時短営業を行っています。詳しくはHPをご覧ください) /店休日.年中無休

こんにちは。広島蔦屋書店の河賀です。
花粉と黄砂と共に春の風が吹き始めました。

アレルギーの方にはつらいかもしれませんが(涙)春の訪れはやはり陽気を運んでくれます。
気忙しい中にも新たな気持ちで新年度を迎えたいですね。

大人のためのおとぎ話「赤いモレスキンの女」

「赤いモレスキンの女」原著 Antoine Laurain ・著 アントワーヌ ローラン・翻訳 吉田 洋之

最近わたしはとてもロマンチックな海外文学を読みました。
その春のそよ風のように爽やかな大人のおとぎ話を今回はご紹介いたします。

は~こんな事が自分におこったなら、と、うらやましくてため息が出ちゃいます。

まだ見ぬ相手に惹かれていく

物語の舞台は2014年冬のパリ。
金箔職人の女性ロールが強盗にバックを奪われ、ごみ箱の上に置かれていたそのバックをパリの書店主ローランが拾う事からおとぎ話は動き出します。

バックの中にはモディアノ(フランスの作家)のサイン入りの本や、赤いモレスキンの手帳が入っていました。
モディアノのメッセージにより彼女の名前を知り、手帳に綴られた好きなものや怖いもの「私は人物の登場しない風景画が好き」「私は乗客でいっぱいのメトロに乗るのが怖い」
いくつもの彼女の断片によって想像を掻き立てられ、持ち主を探しはじめます。

意図せず見知らぬ誰かのカバンの中を見たり自分宛ではない手紙や文章を読む事は、後ろめたさと同時にワクワクし、それが不思議で魅力的なものだったなら魅せられてしまうのは必然かもしれません。
わたしも探しちゃうかな~いや探してほしいな(笑)

ローランの賢明な捜索の末、まだ見ぬ、見ることはない(つもりで)ロールに手紙(とても素敵な)を書きます。
そして見知らぬ男の置手紙にロールも思いをはせるのです。
「私は住所を残さず、姿を消す彼のやり方が好き」「私は彼に会えないことが怖い」
正体を知らぬまま静かに魅かれあう二人の感情表現も巧みで素晴らしいのですが、その他の登場人物と街の様子をとおして見える人と人の繋がりや、実在する作家へのリスペクトも感じられる心温まる物語だと思います。

イギリス王室のカミラ夫人が「完璧なパリの傑作」と絶賛されたことから、話題の絶えないイギリス王室の騒動も根底に愛あればこそと願いたい。

その結末は‥

結末はといいますと、気持ちよく期待を裏切りません。

いくつもの本が登場し書店主が主人公という本の物語でもあり、本好きの人や大人の恋に触れたい人必読です。
わたしはちょうど4月始まりの手帳を買ったので赤い革でカバーを作ろうと思います。
まずは赤い手帳を持つことから!ね(笑)

中身が気になる「何者からかの手紙」

「何者からかの手紙」BOOKSOUNDS

レトロな茶封筒に入った架空の「何者」からかの手紙
自分宛に不思議な手紙が届いたような妄想が広がる手紙小説
あなたには「何者」からの手紙が届くのでしょうか?

「何者からかの手紙」はBOOKSOUNDS発行のリトルプレスで60種の「何者」からかの手紙形式の小説です。
現在広島蔦屋書店1号館1階にて販売中です。
興味を惹かれる差出人の中からお好きな1通をお選びください。

    ペコマガ人気記事ランキング

  1. 広島の女性におすすめのマネーセミナー!知らないと損です!
  2. チチヤスのチー坊グッズが可愛すぎ♡売り切れ御免の広島ブランド...
  3. ペコマガ編集部なみかが「好きな絵本」を超個人的に紹介してみま...
  4. 作家さんが大集合のお店「サッカザッカ」を取材しました!
  5. 出産祝いにもおすすめの手作りベビーグッズ。リシュマムのやさし...
  6. 雑貨からDIYまで!木材にこだわるウッドプロをレポート
  7. 自転車欲しいなぁって思ったから、ポップグランピーに行ってきた
  8. 突然葬儀をすることになったときの準備、できとる?
  9. 自分だけの香りが作れる♡アットアロマでブレンド体験してきまし...
  10. 雑貨とカフェが両方楽しめる!アイダウィズカフェに行ってきまし...