芥川賞を受賞した今話題の作家、宇佐見りんのデビュー作「かか」をご紹介! 2021.02.24 くらし

この記事は に修正・更新した記事です。 お出かけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報を確認してお出かけください。

新型コロナウイルスの影響で休業・営業時間が短縮されている場合があります。おでかけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報をご確認ください。

芥川賞を受賞した今話題の作家、宇佐見りんのデビュー作「かか」をご紹介!

広島T-SITE 広島市西区扇2丁目1-45 TEL.082-501-5000 /営業時間.8:00〜22:00(コロナウイルス感染拡大防止の為、現在時短営業を行っています。詳しくはHPをご覧ください) /店休日.年中無休

こんにちは。
広島蔦屋書店の河賀です。

節分も過ぎて暦の上では春ですね。
今年の節分は124年ぶりに2月2日でした。
危うくスルーするとこでしたが、気の利く友人のおかげで2日にオシャレなパエリア恵方巻を食べることができました。
春の訪れとともにみなさまに幸福が訪れますように!

芥川賞受賞!宇佐見りんのデビュー作「かか」

「かか」作 宇佐見りん

さて今回は、先日「推し、燃ゆ」で芥川賞を受賞された宇佐見りんさんのデビュー作をご紹介します。

デビュー作といっても「推し、燃ゆ」の前作なので2作目にして芥川賞!
すごい新人さんです。

「かか」は気になりつつも未読でしたが「推し、燃ゆ」が候補に入ってからすぐに読みました。
ミーハーですね(笑)
でも読んでよかったと思います。

母と娘の切ない物語

主人公のうーちゃんは、離婚を機に心を病み自分も周りも傷つける母(かか)に翻弄されながら生きています。
母を憐れみ、憎み、そして愛しすぎて、かかの痛みがそのままうーちゃんの痛みになるのです。

祖母に愛されたかったかか、冷めた態度で運命を受け入れる従妹への嫉妬、唯一の心のコミュニケーションの場SNS、あらゆる場面への感情の表現力が素晴らしく読者の胸を衝きます。
きっと同じ境遇でなくとも共感できることがあると思います。

はっきょうは「発狂」と書きますがあれは突然はじまるんではありません。
壊れた船底に海水が広がり始めてごくゆっくりと沈んでいくように、壊れた心の底から昼寝から目覚めた時の薄暗い夕暮れ時に感じるたぐいの不安と恐怖とが忍び込んでくる、そいがはっきょうです。

その後に続くかかが発狂していく様子はまさにはっきょうでした。
独特の方言と文体ではじめは読みにくいと感じるかもしれませんが、読んでいると気にならないというかそれが「かか」であり、一気に読めると思います。
誰もが避けられない母から生まれたという事実、生まれてしまったという事実の重さをうーちゃんはどう受け止めるのでしょう。
痛切な愛と自立の物語です。

話題になった芥川賞受賞作「推し、燃ゆ」

「推し、燃ゆ」作 宇佐見りん

推しが炎上した。
ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。
そんなある日、推しがファンを殴った。(「BOOK」データベースより)

推すことの喜びと苦しみと生々しい執着の描写、胸に突き刺さる表現力に注目です。

    ペコマガ人気記事ランキング

  1. 広島の女性におすすめのマネーセミナー!知らないと損です!
  2. チチヤスのチー坊グッズが可愛すぎ♡売り切れ御免の広島ブランド...
  3. ペコマガ編集部なみかが「好きな絵本」を超個人的に紹介してみま...
  4. 作家さんが大集合のお店「サッカザッカ」を取材しました!
  5. 出産祝いにもおすすめの手作りベビーグッズ。リシュマムのやさし...
  6. 雑貨からDIYまで!木材にこだわるウッドプロをレポート
  7. 雑貨とカフェが両方楽しめる!アイダウィズカフェに行ってきまし...
  8. 突然葬儀をすることになったときの準備、できとる?
  9. 自転車欲しいなぁって思ったから、ポップグランピーに行ってきた
  10. 自分だけの香りが作れる♡アットアロマでブレンド体験してきまし...