• ペコマガTOP
  • 住まい
  • 注文住宅
  • 注文住宅のリビングとダイニングの成功例を建てた人に聞いてきた

ペコマガがお届けする広島の注文住宅情報メディア「広島で家を建てるなら」

注文住宅のリビングとダイニングの成功例を建てた人に聞いてきた

私の成功事例・失敗事例

注文住宅のリビングとダイニングの成功例を建てた人に聞いてきた

この記事は 2021年04月14日 に公開した記事です。

こんにちは!
ペコマガ編集部の、さっちゃん(@m.nene521)です。

一生に一度しか建てないであろう、注文住宅。
失敗したくない!成功したい!と思っている人は多いはず。
そこで、実際に広島に注文住宅を建てたSさんに話を聞きに来ました!

今回は、Sさんが満足しているリビングダイニングについてご紹介します!
ご紹介の前に、Sさんがリビングダイニングを考える際に意識したことがこちらです。

    Sさんがリビングダイニングで意識したこと
  • 収納がたくさん欲しい
  • 空間を広く見せたい
  • おしゃれにしたい

これらを意識しリビングダイニングを考えたことで、住んでみて満足されている間取りのポイントが多いそう!

それでは、ご紹介していきます!

4つ収納がある間取り!小上がり畳の秘密

さっちゃん

さっちゃん

Sさんがリビングダイニングに満足しているところはどこでしょうか?

Sさん

Sさん

とにかく収納を多くしたことです!

さっちゃん

さっちゃん

どのくらいあるのですか?

Sさん

Sさん

全部で4つの収納があるんですよ。

さっちゃん

さっちゃん

4つとは!?結構ありますね!

1、畳の下全てが収納!

Sさん

Sさん

1番満足している収納が、小上がり畳の下なんです!
この畳の下、全部収納なんですよ〜。

Sさん

Sさん

今は子供がまだ小さいのでおもちゃが多くて、手前にはおもちゃを収納しています!
奥の壁側の畳の下は滅多に使わないものを収納しています。

さっちゃん

さっちゃん

畳でくつろげていいな〜て思っていましたが、それだけじゃなく収納としても優秀なんですね!
2つ目の収納はどこですか?

2、デッドスペースを活かした収納

Sさん

Sさん

2つ目は畳の壁にある収納です!

さっちゃん

さっちゃん

わっ!こんなところにも!?

Sさん

Sさん

実は布団を収納していて。子供がまだ小さいので、この畳に布団を敷いて寝ています。

さっちゃん

さっちゃん

デッドスペースになりそうなところを収納にするのは良いですね◎
3つ目の収納はどこですか?

3、使いやすく工夫した収納

Sさん

Sさん

3つ目は、リビング向きの収納です。
ここには、毎日使う子供の学校グッズや冬場はコート、あと掃除道具も入れています。

さっちゃん

さっちゃん

たくさん入りますね!1畳分くらいの大きさかな?
すごく大きいですね。

Sさん

Sさん

たくさん入りますよ〜
掃除機を立てて収納したくて、中の仕切りの奥行きを短くしました。

さっちゃん

さっちゃん

そんなことまで考えて収納作ったんですか!?

Sさんの旦那様は大工さんです。
お二人でよくお話しされて、細かいところまで考えて設計されていますね!

4、キッチン背面収納

Sさん

Sさん

4つ目はここですね!?

Sさん

Sさん

そうです!キッチンのリビング側背面収納です。
ここには、キッチングッズや細々したものを入れています!

さっちゃん

さっちゃん

うちもリビング側背面収納がついていて、とても便利ですよね。

リビングダイニングのデッドスペースまで収納にし、4つも収納があることで部屋が散らからずスッキリした印象!

家具を置いて収納することもインテリアで素敵なので、自分に合った収納を考えてみてください♪

広さの理由はキッチンとベランダ窓!

キッチンには大きく分けて2種類、オープン対面キッチンと壁付キッチンがあります。
簡単に言うと、オープン対面キッチンはリビングを向いて料理する感じです。
壁付キッチンはその逆で壁を向いて料理します。

オープン対面キッチンには、フルフラットタイプとセミフラットタイプがあります。
フルフラットタイプは天板がフラットで目隠しのないタイプ。
セミフラットタイプは天板の調理台のダイニング側に腰壁(立ち上がり)を付けた目隠しがあるタイプです。

さっちゃん

さっちゃん

収納以外にも満足されているところはありますか?

Sさん

Sさん

広く見えるように考えたので、広さにも満足しています!

さっちゃん

さっちゃん

本当に広いですよね!
どのように広くされたんですか?

オープン対面キッチンのフルフラットタイプでスッキリ見せる

Sさん

Sさん

キッチンをオープン対面キッチンのフルフラットタイプにしました!

さっちゃん

さっちゃん

オープン対面キッチンよりも、壁付キッチンの方が広くなるような気がしますが?

Sさん

Sさん

そうなんですけど、子供のいるリビングを見ながら料理をしたくて、オープン対面キッチンにしました。

さっちゃん

さっちゃん

なるほど!フルフラットタイプにしたのはどうしてですか?

Sさん

Sさん

フルフラットタイプは、高さがないのでスッキリして見渡しが良いんです。

さっちゃん

さっちゃん

確かに!だからか〜
セミフラットタイプの腰壁がない分、リビングダイニングに入った時に広くスッキリして見えました!

3枚の掃き出し窓で開放的に

Sさん

Sさん

広さを出すために考えたのがもう1つ。
ベランダへの掃き出し窓を3枚にしました!

さっちゃん

さっちゃん

あ!たしかに!!
よく見かける掃き出しは2枚ですが、3枚ですね!

Sさん

Sさん

そうなんです。できるだけ広い窓にすることで、開放的に広く見えます♪

キッチンの腰壁がなく、掃き出し窓を3枚にすることで、広く明るく見えますね!

家具がなく作り付け収納が多いので、その分も広く見えますね。

おしゃれ見えのポイントは梁と電気

さっちゃん

さっちゃん

他にも満足されているところはありますか?

木造ならではの梁見せ

Sさん

Sさん

木造ならではの良さを出したくて、梁をそのまま見せるようにしました!

さっちゃん

さっちゃん

素敵ですね!うちは鉄骨なのでできませんでした。。。

Sさん

Sさん

いずれは梁に植物をぶら下げたり、ハンモックをかけたりしたいなと思っています♪

さっちゃん

さっちゃん

それ、すっごく素敵でおしゃれですね!色んなことができそうで夢が膨らみますね。

電気は埋め込みタイプに

Sさん

Sさん

電気を埋め込みタイプにしたところにも満足しています。

さっちゃん

さっちゃん

シンプルで良いですね!
ぶら下がってない分、広く見えるしおしゃれです♪

Sさん

Sさん

そうですね!天井が高く見えて気に入っています。
掃除もラクですよ。

さっちゃん

さっちゃん

掃除もラクってすごい嬉しいですね!

シンプルで、おしゃれで、広く見えて、掃除もラクって良いことだらけ♪

快適に過ごせるリビングダイニング

Sさん宅は、収納=広い=おしゃれが全て繋がっているリビングダイニングでした!

デッドスペースに収納を作りスペースを広く。
梁を生かすことで天井高で広く。
広く見えることでおしゃれに。

リビングダイニングは1日で1番長く過ごすスペースかと思います。
希望の全てが繋がるとすごく良い快適スペースになりますね!

自分に合ったリビングダイニングスペースになるよう、参考にしてみてください♪

注文住宅や暮らしに関する情報を発信中

広島市を中心として、広島県内の注文住宅を手がけるハウスメーカー・工務店のオススメ情報を掲載しています。広島の注文住宅を手がける大手ハウスメーカーや地元工務店などの特徴を分かりやすく、また建築事例なども掲載。価格や費用の相場比較や特徴の比較。興味があるハウスメーカー・工務店の「人気の担当者」をご紹介することも出来ます。実際に編集部スタッフが取材した生の実例からみなさんの理想の住まいを探して見て下さい。