• ペコマガTOP
  • 住まい
  • 注文住宅
  • リビングの窓の数と配置で失敗かも!?広島で注文住宅を建てた人に話を聞いてきました

ペコマガがお届けする広島の注文住宅情報メディア「広島で家を建てるなら」

リビングの窓の数と配置で失敗かも!?広島で注文住宅を建てた人に話を聞いてきました

私の成功事例・失敗事例

リビングの窓の数と配置で失敗かも!?広島で注文住宅を建てた人に話を聞いてきました

この記事は 2021年02月02日 に公開した記事です。

こんにちは!
ペコマガ編集部の、さっちゃん(@m.nene521)です。

一生に一度しか建てないであろう、注文住宅。
失敗したくない!成功したい!と思っている人は多いはず。
そこで、実際に広島に注文住宅を建てたSさんに話を聞きに来ました!

今回は、Sさんが実際に住んでみたら想像していたのと違った、窓の設置の失敗談をご紹介します!

ご紹介の前に、Sさんが窓の設置を考える際に意識したことがこちらです。

    Sさんが窓の設置で意識したこと
  • 部屋を広く見せたい
  • 部屋の風通しを良くしたい
  • 部屋を明るくしたい

これらを意識し窓の設置を考えたことで、住んでみてちょっと想像していたのと違うという点があったそうです。

それでは、ご紹介していきます!

窓の数が多すぎて失敗!?掃除が大変に

Sさんが住宅の窓の設置でこだわったところはどこでしょうか?

S

Sさん

部屋を広く見せたくて、窓を多く設置しました。

Sさん宅のリビングダイニングに窓は8つあります。
リビングダイニングに窓がたくさんあって、広く見えて良いですね!

Sさん家族は、1日で1番多く生活するのがリビングダイニングなんだそう。

たくさん過ごす部屋が狭いと息苦しくなりますよね。
壁だと圧迫感があるので、狭く感じてしまいます。

その点、窓が多くあると広く見えますね。

S

Sさん

部屋全体の風通しも良くしたくて。

窓が1つしかない部屋よりも、2つ以上ある方が風の入口と出口が作られ風通しが良くなりますよね!

S

Sさん

でも、1つ失敗したなぁと思うことが・・・

え!?
こんなに広くて風通しもよく快適なのに、どこですか??

S

Sさん

窓を多く付けすぎたなぁと・・・

んん!?それの何が失敗なのですか??
確かに他の家より多めな気がしますが。

広く見えるし風通しもいいし、メリットばかりなのでは!?

S

Sさん

掃除が大変で・・・
しかも、たくさんあるので時間がかかって。

あぁぁ!!そうですよね。

窓が汚いと気持ちよく過ごせないし。
年末の大掃除が大変そう・・・
私の家は大掃除は年末と決まってますwww

S

Sさん

窓の数だけカーテンが必要になるので、サッシもカーテンも綺麗にしないといけないんですよね。

確かに、窓の数が多いとその分カーテンの数も増えますよね。
掃除の手間もですが、カーテンの初期費用もかかります。
なので、人目が届かないところの窓はカーテンをつけなくても良さそうですね。

Sさん宅はリビングダイニングの日の向きが良いので、必要以上に窓を付けなくても十分明るかったかもと言われていました。

窓の位置が悪く失敗!?眩しいし家具も置けない

テレビの近くは窓は付けない方が良い!

他に、窓の設置で思っていることはありますか?

S

Sさん

私や子供の友達が集まりやすいように、部屋を明るくしたかったんです。

ほんと、8つも窓があるととても明るいですね!
明るい家は楽しそうです♪

S

Sさん

でも・・・
色んなところに窓を付けてしまったので眩しくて・・・

あらら・・・そんな落とし穴が・・・

見回してみると、テレビがあるところと同じ壁に、しかもテレビの近くに窓がありますね。

S

Sさん

日が入る時間帯は眩しくて、テレビが見えにくいんです。

カーテンも白系なので、閉めても眩しいです・・・

せめて、カーテンを遮光カーテンにしてみるといいんじゃ!?

S

Sさん

遮光カーテンにすると、今度は部屋が暗くなっちゃうんですよね・・・

そ、そうですね。

てことはやっぱり、窓の近くにテレビが来る間取りはやめた方がいいですね!

家具位置を考えて窓を設置する!

S

Sさん

あとね、可愛いモモンガちゃんがいるんだけど、このキッチンの近くには窓があるから置けないんです。

この籠の中に何がいるのか気になってました!
モモンガちゃん♡

モモンガは夜行性でお昼は寝てるそうです。

S

Sさん

寝かせてあげたいから、窓のある明るいところは避けたくて置けません。

なるほど!
可愛いペットも大事な家族ですよね。

S

Sさん

窓があると、いいと思うところに家具を置けないんですよね。

確かに、そうですね。
窓のあるところに家具を置くと、窓の開け閉めしにくいですし家具が日光で焼けてしまいますね。

ポイントは家具の配置を考えてから、窓の位置を決めるということですね!

窓に関して後悔しないための豆知識

家を建てる際、なぜか良いことばかりを思い浮かべて、設計してしまうと思います。
何にしてもメリットばかりではなく、デメリットもあるので、両方知っておく事が重要です!

窓の数が多いことのデメリットは掃除が大変という以外にも、暑い・防犯面の心配・プライバシー保護の難しさなどがあります。
最近は機能付きの窓があるので、様々な窓を知っておくと後悔しにくいですね!

例えば、断熱・遮熱・機密性に優れている窓があったり。
外から錠部が見えない”戸先錠”や、屋内が見えにくい”クレセント”で防犯性を高めることもできます。
その他、中間膜を挟み込んだ”防災安全複層ガラス”、侵入をためらわせる”シャッター”・”面格子”なども有効的です。
プライバシー面では、目隠しフィルムやガラスカラーをブルーにするなど効果的だそうです。

こういった窓を間取りに応じて有効的に使用すると、窓に関する後悔はしにくいのではないでしょうか?

ちなみに、風通しの良い家にするために一番効果的な窓は、”縦滑り窓”です。
縦滑り窓とは、ドアのように家の外に向かって窓が滑り出すように開くものです。
縦滑り窓を開けていると、前からの風はもちろん、横から吹く風も窓がキャッチしてくれて家の中に風を取り込めるようになります。

失敗しないために窓の設置の際は必ずシミュレーションを!

失敗しないためには建てる前にまず、日の向きや家具の配置をしっかりシミュレーションしてみてほしいなと思いました!
また、自分のおうちに合う窓を選んでくださいね。

みなさんにとって不満がなく暮らしやすい注文住宅が建てられますように♪

注文住宅や暮らしに関する情報を発信中

広島市を中心として、広島県内の注文住宅を手がけるハウスメーカー・工務店のオススメ情報を掲載しています。広島の注文住宅を手がける大手ハウスメーカーや地元工務店などの特徴を分かりやすく、また建築事例なども掲載。価格や費用の相場比較や特徴の比較。興味があるハウスメーカー・工務店の「人気の担当者」をご紹介することも出来ます。実際に編集部スタッフが取材した生の実例からみなさんの理想の住まいを探して見て下さい。