10月オープン!尾道の海岸沿いのコーヒーショップPourのラテを堪能

10月オープン!尾道の海岸沿いのコーヒーショップPourのラテを堪能

Pour specialty coffee 尾道市土堂1-12-12 /TEL.なし /営業時間.11:00〜19:00 /店休日.木曜日

この記事は に公開した記事です。お出かけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報を確認してお出かけください。

こんにちは!みくに(@mikuniyuri)です。
今日は尾道にやってきました。

ぷらぷら〜っと歩いていると、素敵なお店を発見。

Pour specialty coffee 尾道市土堂1-12-12 /TEL.なし /営業時間.11:00〜19:00 /店休日.木曜日

こちら、Pour specialty coffeeさんです。

2018年10月のオープンした海岸沿いのコーヒーショップ

メニューはとってもシンプル。
大きく分けて「エスプレッソ」と「ドリップ」の2つがあります。

コーヒー豆の販売もされていて、店内にはたくさんの種類のコーヒー豆が!
わたし、今コーヒーにハマっているのでテンションあがります…!

そして、この袋やコーヒーのカップなど、様々なところで目にする「〆」のマーク。
これは、お店の名前に由来しているんだそうです。

お店の名前「Pour」は「注ぐ」という意味。
コーヒーは農園で種から豆を育てて、焙煎し、抽出してカップに入れられます。
その最後の作業が「注ぐ」=「Pour」

つまり、「コーヒーを作る〆の作業」という意味なんだとか…!
めちゃめちゃかっこいい。

ただ美味しくコーヒーをいただくだけではなく、この「〆」を見るとこれまでコーヒー豆が育ってきた歴史を感じることができますね。

お店のこだわりはエスプレッソ。

実は、通常のエスプレッソより濃厚な「リストレット」を採用。
抽出されているところを見ると、エスプレッソよりも濃厚でとろみがあるのが分かります。

より濃厚なエスプレッソを使うことで、コーヒーの濃厚さとミルクの濃厚さを楽しめるラテがいただけるんだとか!

ということで、カフェラテをいただくことに。

海の近くなのでお散歩しながら飲むのも良さそうですよね。

さらさらっとラテアートを描いてくださいました!

かわいい〜〜〜〜!
こぼさないようにしなきゃ。

コーヒーのお供におすすめなのが、こちらのブラウニー。

ブラウニー
¥400

店主の竹本さんが東京にいらっしゃったときに好きだったもので、東京から直接仕入れているんだそう。
このブラウニーを気に入って大量に買っていく人もいるんだとか…

ひとつひとつ個性があるので、お気に入りを選ぶのも楽しいです。
わたしは表面がちょっとパリッと割れているのを選びました!

おすすめカフェラテとブラウニーをいただきます

カフェラテ
¥520

では、お店の前のベンチでいただきます!

最近ちょっと肌寒くなってきて、ホットドリンクが美味しい季節になりましたね〜

ん〜〜〜

ミルクが濃厚。そしてエスプレッソも濃厚です。
エスプレッソの深い味と香りをミルクが優しく包み込んで、とっても優しいカフェラテ。
ごくごく飲めます!

時間がゆっくり進んでいるような気分になります。

そして竹本さんおすすめのブラウニー。

手のひらサイズなのにずっしりと重くて、中も詰まっているブラウニーです。

表面のパリパリ感がたまらない!

むむ!!!!!!

思ったより重くない。
しっっっとりしてるのに、ふんわりしてます。(矛盾してるけど、本当にそうなんです)

表面はパリッとしてて、気をつけて食べないとこぼれるくらいです。
そして中がとろとろ。
ガトーショコラやブラウニーというよりも、生チョコに近い感じですかね。

チョコレートの甘みが口の中に広がって、コーヒーとの相性抜群です!
これはぜひ一緒に食べて欲しいです…!

尾道の海岸沿いでゆったり過ごすときは、Pour specialtycoffeeをお供にいかがですか?

Pour specialty coffee のインスタグラム