広島のタウン情報ウェブマガジンペコマガ

ル・コルビュジエの都市計画で使われたビンテージ家具を再生産

この記事はに公開した記事です。お出かけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報を確認してお出かけください。

ル・コルビュジエの都市計画で使われたビンテージ家具を再生産

イベントタイトル
チャンディーガル コレクション展 ピエール・ジャンヌレの家具再生産プロジェクト
場所
LOG
期間
2020-11-14 〜 2020-11-23

インド北部のチャンディーガルで1950年代に始まった「チャンディーガル都市計画」。この計画をル・コルビュジエとともに遂行したピエール・ジャンヌレがデザインした家具を再現した「プロジェクト・チャンディーガル・コレクション」の展示受注会が、11月14日(土)から23日(月祝)まで尾道のLOGで開催します。入場無料です。

今回の展示受注会では、ピエール・ジャンヌレが描いたオリジナル図面をもとに再生産された家具18点(15モデル)が揃います。築100年以上たった建物のチーク古材を再利用するなど、一つひとつ職人の手仕事で仕上げる工芸家具は、そのオリジナル性が世界で高く評価されています。展示受注会初日の11月14日(土)には、「プロジェクト・チャンディーガル」の成り立ちや
再生産プロジェクトの経緯などを、国内輸入元であるイニシャルジャパン Gallery CASA DEの中里恭宏氏と、国内販売元である五割一分の沖田桂氏とが語るトークイベントを行います。